看護師としての活躍の場

看護師で仕事をしている人達は色々な場で活躍をしています。 中には、看護師としてのキャリアアップを図るために活躍の場を広げて 経験値を高めたい人達も多いです。 そういう意欲的な人が多いのも看護師の特徴と言えそうです。 ここでは、看護師が活躍できる場を説明したいと思います。 キャリアアップの参考にしていただけると幸いです。

(1)病院で活躍する 看護師として活躍できる場として一番有名なところが病院ですね。 通院患者様と入院患者様の両方を看護するのが主な業務になります。 医師の医療行為をサポートするのは当然ですがそれだけではありません。

患者様への心配りや思い遣りも大切な看護業務のひとつです。 患者様の不安感を緩和することも看護師としての活躍に期待されている 部分です。 入院患者様をケアする場合は24時間交代で病状を観察します。 そして医師への報告や療養のお世話をします。

(2)介護施設で活躍する 現在の日本は高齢化社会に移行しつつあります。 そういった時代になってきますと通常の医療機関以外での場所での 活躍の場が広がります。

たとえば老人福祉施設や介護保険施設などの看護施設です。 お年寄りの皆様の介護や看護をします。 介護施設では、お年寄りの人達の健康上の変化を観察して相談や アドバイスをします。 日常生活を快適にすごせるようにケアをすることが期待されています。

介護施設内では看護師のみならず、ケアマネージャー・ホームヘルパー・ 理学療法士などの有資格者の専門スタッフが仕事をしています。 チームを組んでお年寄りの人達を支えていくことがとても大切になります。 スタッフの人達との緻密なコミュニケーション能力も要求される部分です。

(3)保健所で活躍する 保健所は、各地域の人達の健康管理とか病気を予防するという役割が あります。こういった特徴を持った保健所も看護師が活躍できる場になります。 保健所では保健師と一緒に地域の人達の保健指導をします。 また乳幼児や妊婦・お年寄りの人達に対して健康上の色々なケアを 行ってゆきます。

(4)訪問看護で活躍する 患者様のご自宅に行って、健康回復の手助けをすることを訪問看護と 呼んでいます。医師に同行して患者様のお宅を訪問してご家族と一緒に 身の回りの世話をします。また看護方法をご家族に人達に教える役割も あります。

以上のように、看護師が活躍できる場はとても多様化してきてると言えます。 単純に「病院で勤務をする」という意識では対応できませんね。 より一層柔軟に看護の仕事を捉えることが、高齢化社会に対応した 新しい看護師のあり方であるのは間違いないでしょう。

ページの先頭へ