治験コーディネーター(CRC) > 治験コーディネーターの一日って?

治験コーディネーターの一日って?

SMOに所属している治験コーディネーターの 1日の仕事の流れとは一体どのような流れなのでしょうか? 企業によって多少の違いはありますが、 大体の流れをご紹介いたします。
治験コーディネーター 求人サイト

まず8:45~11:00、出社と仕事の準備です。 出社してからは事務所でメールなどを確認し、 返信が必要な物はきちんと処理します。 他の治験コーディネーターと情報交換を 行ったり資料の確認など仕事の準備をします。 事務所ではなく実際に治験を行う担当の施設へ 直行する場合も多々あります。

11:00~13:30、担当する施設へ移動します。 この時に昼食もとっておきます。 13:00~14:00、施設に到着したら、 施設のスタッフの方々や治験関係者へ挨拶をします。 被験者のカルテ、前回の検査結果などの確認もします。 被験者の来院の時間の確認と報告、 そして治験薬の準備を行い業務の準備完了です。

14:00~15:00に被験者が来院してきますので、 現在の体調や変化、きちんと服用しているかなどを 確認したり、検査に付き添ったりします。 検査などがひと通り終わったあとは、 被験者と面談をして次回の来院日時の設定や、 治験薬の受け取り、治験協力費の支払い手続きも行います。

15:00~16:00、被験者との面談終了後は 被験者のカルテに記載されていることを医師と 確認、打ち合わせをします。 その後臨床開発モニターへの報告をします。

16:00~17:45、残りの業務時間は メールの確認書類や日報の作成をして終了です。 一日の流れを見たとおり、治験コーディネーターは 医師や施設のスタッフ、製薬会社の担当モニターに 被験者と1日に沢山の人達と接します。

他にも看護師、薬剤師、検査技師などとも 関わる機会が多いのでコミュニケーション力が とても大切になってきます。 もちろんこれは主な一日の流れであり、 治験期間前や時期によっては随分と変わってくると思います。

色々な施設へ派遣されるようにもなりますし 臨機応変に対応できるような力も必要ですね。 大変な仕事ですが、その分治験コーディネーターは やりがいのあるお仕事だと思います。