治験コーディネーターの一日って?

SMOに所属している治験コーディネーターの 1日の仕事の流れとは一体どのような流れなのでしょうか? 企業によって多少の違いはありますが、大体の流れをご紹介いたします。

まず8:45〜11:00、出社と仕事の準備です。 出社してからは事務所でメールなどを確認し、 返信が必要な物はきちんと処理します。 他の治験コーディネーターと情報交換を 行ったり資料の確認など仕事の準備をします。 事務所ではなく実際に治験を行う担当の施設へ 直行する場合も多々あります。

11:00〜13:30、担当する施設へ移動します。 この時に昼食もとっておきます。 13:00〜14:00、施設に到着したら、 施設のスタッフの方々や治験関係者へ挨拶をします。 被験者のカルテ、前回の検査結果などの確認もします。 被験者の来院の時間の確認と報告、 そして治験薬の準備を行い業務の準備完了です。

14:00〜15:00に被験者が来院してきますので、 現在の体調や変化、きちんと服用しているかなどを 確認したり、検査に付き添ったりします。 検査などがひと通り終わったあとは、 被験者と面談をして次回の来院日時の設定や、 治験薬の受け取り、治験協力費の支払い手続きも行います。

15:00〜16:00、被験者との面談終了後は 被験者のカルテに記載されていることを医師と 確認、打ち合わせをします。 その後臨床開発モニターへの報告をします。

16:00〜17:45、残りの業務時間は メールの確認書類や日報の作成をして終了です。 一日の流れを見たとおり、治験コーディネーターは 医師や施設のスタッフ、製薬会社の担当モニターに 被験者と1日に沢山の人達と接します。

他にも看護師、薬剤師、検査技師などとも関わる機会が多いのでコミュニケーション力がとても大切になってきます。 もちろんこれは主な一日の流れであり、治験期間前や時期によっては随分と変わってくると思います。
助産師の転職希望の方はこちら

色々な施設へ派遣されるようにもなりますし臨機応変に対応できるような力も必要ですね。大変な仕事ですが、その分治験コーディネーターはやりがいのあるお仕事だと思います。
公益社団法人 福岡県看護協会

助産師は幸せと感動を味わえる職業

助産師という職業は数ある職業の中でも、大きなやりがいを感じられる職業だといわれています。それは新しい生命が誕生する場に立ち会えること。10ヶ月も誕生を心待ちにしていた妊婦さんや、ご家族のみなさんの幸せな姿を見られることや、赤ちゃんの元気な産声を聞く事ができるからです。

毎日を幸せと不安の中で過ごしていた妊婦さんが赤ちゃんと初めて顔を合わせた瞬間、まるでお花が咲きほころぶような笑顔を見せてくれます。小さな命がここにいる人たちや、これから出会う人たちを幸せな気持ちにしてくれるのです。

助産師という職業は、このような新しい小さな命の誕生の瞬間にご家族と一緒にいられたことに感動と充実感、誇りを感じられる職業ですし、多くの助産師さんが、この瞬間のためにこれからも厳しい仕事を頑張っていきたい、そう思うと聞きます。

勿論助産師という職業は、赤ちゃんを取り上げる仕事だけではありません。妊婦さんの体や心のケアを行うだけではなく、地域に根付いて青少年の性教育を行ったり、若いご夫婦の家族計画をアドバイスをしたり、少子化が叫ばれる社会問題に歯止めを掛ける役割も持っています。

子供が出来るということ、出産することに関して正しい考え方を広める事ができたとしたら、幸せな赤ちゃんやご家族が増え、反対に予想していなかった妊娠や出産が減少するわけです。それは感動に溢れるお産に立ち会うことが許された、助産師だからこそ出来る仕事でしょう。

一般的に助産師が働く場所は病院や助産院になるため、仕事に充実感を覚えるのは職場の中だけのように感じますが、実はそれだけではありません。以前知り合いの助産師さんから聞いた話になります。彼女はお産のサポートをしたご家族に、偶然町で出会ったそうなのです。

当たり前ですが、お産の時には小さかった赤ちゃんが小学生となり、しっかりと成長して社会の中で大きくなっているということをひしひしと感じ、心の中が幸せでいっぱいになったと話していました。

とあるママさんが、「お産はその1回ごとにドラマがあるのよ」と話していたのですが、お母さんというのは、自分の子供が大人になったとしても、彼や彼女が生まれた瞬間を忘れることはありません。

いつまでも思い出に残り続け、感動とともに存在することのできる助産師という職業は、他の仕事では味わうことのできないやりがいのある職業なのです。

助産師の仕事内容とは

助産師という職業の認知度は低くありません。ですが助産師さんがいつもどのような仕事をしているか聞かれたとき、明確に答えられる人はあまり多くないのではないでしょうか。そこで、簡単にですが、助産師さんのお仕事を紹介させてください。

助産師という職業をシンプルに説明すると、妊婦さんや産婦さんの解除をすることです。お腹に赤ちゃんがいる、これからママになる女性のサポートですね。

妊娠から出産、そして出産後までのお手伝いをする職業ということになります。妊娠中の女性のメンタルはとても敏感ですので、助産師は精神的な相談に乗ったり、お産の時に赤ちゃんを取り上げたり、ケアしたりなどの業務を行います。…と一言で書いてしまうと本当にシンプルな職業に感じる人もきっといますよね。

実際はこんなに単純な話ではありません。お産直前からが助産師の仕事ではなく、出産までの準備の状態から助産師の業務はスタートします。

先ほども述べましたがマタニティブルーになる妊婦さんは少なくなく、落ち込みやすい妊婦さんの気持ちを穏やかにするなどのケアや、万全な状態で出産に迎えられるよう相談を聞いたり、時には保健指導などをすることもあるようです。

いつ始まるか、いつ終わるか解らないのがお産になりますから、肉体的にもとてもきついな仕事だといわれています。

ですが助産師の仕事はハードなだけではありません。新しい小さな命が誕生する場に立ち会えること、妊婦さんやご家族の幸せな顔を一番近くで見られること、それは苦労や疲労がなくなってしまうほど、感動と充実感を覚えられる瞬間だと聞きます。

助産師の仕事のメインは上記のようなことですが、他にも助産師が行う業務は多いです。地域に根付いて青少年への性教育を行ったり、ご夫婦の不妊相談や家族計画にアドバイスしたり、生殖のスペシャリストである助産師だからこそできる役割をたくさん担っています。

助産師と聞くと、お産時に解除をしてくれる職業という印象が強いですが、実際は女性の一生と深く関ることのできる、女性だけがなれる職業だと考えていいでしょう。

ページの先頭へ