専門業務が多い透析看護師のやりがい

他の診療科目と比較すると「透析業務は難しい」と言われます。 ここでは、専門業務が多い透析看護師のやりがいをご紹介したいと思います。

透析看護師が最も喜びを感じるのは<自分がスキルアップした>と感じた時でしょう。 それだけ難しい専門のスキルが要求されます。 「自分の成長を実感できた」 「自分のやってきたことが人に認められた」 努力してスキルがアップして役立てたことはやりがいに繋がるでしょう。

透析看護は患者様の状態や透析機械の操作など気を抜けない環境にあります。 常に緊張に包まれながら業務をこなさなければならない職場です。 慣れるには相当な時間がかかるでしょう。

けれども難しい仕事をマスターして身につきスキルアップしてくると、専門的な多い業務が多い透析看護は「他の診療科目で勤務する看護師よりもやりがいを感じるシーンは多い」と言われます。 自分自身のスキルアップ以外にも患者様ご本人やご家族の皆さまから感謝された時にはやりがいを感じる瞬間です。

患者様やご家族から「ありがとう」といわれると「頑張ろう!」とモチベーションがアップする看護師が多いのです。 とりわけ透析室で仕事をしていると同じ患者様と長期間付き合って行かなければなりません。 相互の信頼関係がとても大切になります。

ご家族様とも頻繁に接触する機会も多くなります。 「心が通じ合った間柄になった患者様とご家族様から感謝の言葉を言われるのは貴重な経験になる」と語る看護師が多いです。

透析看護師の仕事は患者様との信頼関係がベースになっています。 自分がマスターしたスキルや知識で患者様のニッコリとした笑顔を見られるのは「透析の仕事をしてよかった」と実感できます。 患者様やご家族様の相談に上手に対応して透析治療ができたときや、病気で苦しんでいる患者様と上手くコミュニケーションがとれて信頼関係ができたときはやりがいを感じる時でしょう。

以上、専門業務が多い透析看護師のやりがいをご紹介しました。 透析を受ける患者様の苦しみを他の看護師や医療スタッフと協力してチームでひとつにまとまり病気を治療するという意識が芽生えることも透析医療に従事する看護師のやりがいに繋がるのでしょう。

ページの先頭へ